元保育士が教える、ママ友との上手な付き合い方


スポンサーリンク

保育園や幼稚園にお子さんが通っていると、他のお母さんたちと仲良くなって友達になっている人がいることでしょう。

ママ友が出来たら情報を共有したり、一緒に出掛けたりして子育てが楽しくなりますね!ただ、人間関係とは上手くいかないもので、逆にトラブルになってしまうこともあります。

今回はそんな難しい他のお母さんとの付き合い方を考えていきたいと思います。

良いママ友を作るのは難しい?

ただ単にママ友を作るにしても、良いママ友を作るのは難しいものです。仲良くなっていくうちに「こんな人だったとは!?」と驚いてしまうような人がいますからね。第一印象だけで人を判断するのは、どんな人間関係を築く時も危ないものです。

ママ同士のトラブルが子どもに移ったり、逆に子ども同士のケンカからママ同士のトラブルになることもあります。問題なのは保育園や幼稚園に子どもが通う限り、関係を簡単に切ることができないことですね。

保育園の送迎や楽しい行事が一転、ママ友と会うのが嫌で憂鬱なものになってしまうのならそれはとても悲しいことです。

あえて距離を取ってみること

元保育士さん曰く、保護者間のトラブルは色々見聞きしたことはありますが、保育園が仲裁に入ることはほとんどなかったようです。園が支援しても当事者間の問題ですので支援には限界があるんですよね。

実際、他のお母さん方とは最初からあえて距離を取っていた人もいたようです。最低限の挨拶をしておけばトラブルにはならないだろうという、ある意味で賢明な判断なのかもしれませんね。

一番良いのは自分の友達がママ友になることです。色々お互いに分かり合えている友達が、ママ友になるなら問題になることも少ないでしょう。それでも人間関係がなかなかうまくいかない場合は、このわずか数年だけの我慢!と自分に言い聞かせて人間関係を割り切ってみるのも解決法の一つです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ママ友は心強い味方にもなりますが、一転ストレスの原因にもなり得ます。お母さんがストレスを抱えると子どもの成長にも影響が出てきますので、作るのならよく考えて作っていくことをオススメします。

スポンサーリンク

もし、悩んだりしたら連絡帳でもいいので園に知らせてみてください。仲裁は難しくても何かのグループやクラスを決める時に、そのママ友との距離を考慮してくれる場合もありますよ。

なにより、一人で悩まないで誰かに相談すること。子どもにそう教える母さんが、何でも一人で抱え込まないようにしてくださいね!

次回は「保育園との正しい付き合い方」です。お楽しみに!

追記

保育園・幼稚園との正しい付き合い方に関する記事を更新しました。

元保育士が教える、保育園・幼稚園との正しい付き合い方