映画「食べて、祈って、恋をして」から学ぶ、自分探しと恋愛の繋がり


スポンサーリンク

筆者の独断と偏見でお送りしている、映画から学ぶ恋愛術。

今回ご紹介するのは、女性から絶大な支持をうける「食べて、祈って、恋をして」

こちらの映画、女性から大人気のエリザベス・ギルバートの自叙伝が映画化されたもので、自叙伝ともあってとてもリアルで共感できます。今回注目したいポイントは「自分探しと恋愛の繋がり」についてです!

「食べて、祈って、恋をして」

今回ご紹介する映画は「食べて、祈って、恋をして」(2010)

ニューヨークでジャーナリストとして活躍するエリザベス(ジュリア・ロバーツ)は、離婚と失恋を経た後、すべてを捨てて自らを探す旅に出ます。イタリアでは食の快楽を追求し、インドのアシュラムでは精神力を高めるべくヨガと瞑想に励み、そして、最後に訪れたインドネシアのバリ島では、彼女の人生を大きく変える出会いが待っていました・・・。

という物語です。

心が傷つき自分を探す旅に出る

エリザベスは離婚、失恋でどうしようもなく心が傷ついてしまいました。そんな時、皆さんならどうしますか?一晩中泣く人、ぼーっとする人、身近な人に愚痴をこぼす人、好きなことを思い切りやる人、仕事に打ち込む人・・・など、様々な人がいると思います。このジャーナリストのエリザベスは、時間を無駄にせず、旅に出ることにしたのです。

スポンサーリンク

さて、この文を読んでいる方の中で、本当に自分を見つけられている人はどれだけいるのでしょう。案外見つめ直すと新たな自分が見つかるかもしれません。エリザベスはとても潔く、自分を探しに出掛けます。

失恋などで心が傷付くと心を塞ぎがちになってしまいますが、エリザベスのように旅にでて、新しいものをみて、新しいものに触れて、リフレッシュし、自分を磨くことも大事なのではないかと思います。

磨かれた新しい自分になった時に

食、精神力、そして・・・新たな恋。人それぞれ好きなものや高めたいものは違います。一度振り返って、今の自分で本当にいいのだろうか?と、自問自答してみてください。恋をしているときは盲目的になってしまいます。しかし、まだまだ新しいこと、楽しいこと、興味があることはたくさんあるはずです。そうして新しい自分を見つけることが、自分磨きとなるのではないでしょうか。

そして必死に自分探しをしているうちに、磨かれた新しい自分に見合った、新しい誰かに出会うことができるのだと思います。そう、エリザベスのように。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

エリザベスは、旅では「恋をしない」という自分ルールを作っています。結果的に恋をするのですが、この恋をしないと決めたことで、悲しい出来事を忘れるまでは自分のことだけに集中する、というその決意があってこそ新しい自分に出会えたのですね。

恋には恋を、という考え方も賛成ですが、まずは自分を見つめ直すこともいいのかもしれません。恋愛で心が傷ついた時には、一旦すべてを置いて、自分探しをしてみてください。