漫画「ピースオブケイク」から学ぶ、後悔したくない大人の恋愛


スポンサーリンク

筆者の独断と偏見でお送りする、漫画から学ぶ恋愛術。

今回ご紹介するのは20〜30代のちょっと大人な恋愛で話題の「ピースオブケイク

この話は、大人独特の “まぁいっか、一人よりマシ” という簡単な気持ちで付き合ってきた志乃が、自分の浮気の発覚や、DVを経て引っ越し、その引っ越し先で出会ったお隣のDVD店の店長に恋に落ちる。しかし店長京志郎には恋人のアカリが・・・。という物語です。

以前の記事はこちら↓↓

漫画「ハチミツとクローバー」から学ぶ、恋愛のかたち!
筆者の独断と偏見でお送りする、漫画から学ぶ恋愛術。 今回ご紹介するのは、恋愛の悩み、共感度MAXの「ハチミツとクローバー」 ...

素直になれない大人の恋

京志郎にはアカリという恋人がいるのですが、隣に越してきた志乃は京志郎のどストライク。アカリは危機感を感じながらも素直にそれを表現できません。それによって最終的には京志郎を志乃に取られてしまいます。

なんとなく、気持ちわかりますよね。プライドが邪魔して、素直に甘えることもできないし、いろんな都合上会うなとも言えない!大人になればなるほど、素直になることができなくなる気がします。

スポンサーリンク

だけど、それじゃダメなんですね。こういう時はぜひ、自分に自信を持って、彼が今付き合っているのは私!!と、どんなに彼好みの人が隣に越してこようと余裕でいることが、彼の心を止めておく鍵なのではないかと思います。

惰性では決して付き合わない

志乃は元彼と付き合った時、惰性で付き合っています。「まぁいっか、私を好きでいてれる人なんてそうそう現れないし・・・。」そして結局自分は好きにはなれない。だから浮気もしちゃうし、浮気したら弱みを握られているから言われるがまま従うしかなく、DVにも耐える。惰性の付き合いをしたからかなりの悪循環です。

人生において無駄なこと、というのはありません。だから当然この元彼と志乃の出会いも間違いではないし、決して時間の無駄ではないです。

しかし、なるべく幸せな恋愛をしたいですよね。幸せな恋愛をしたければ、まず、志乃のように惰性では決して付き合わないことを強くオススメします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大人の恋愛は、若い時の無邪気だけでは許されなくなるので、一筋縄ではいかなくなりますよね。それなりの不真面目な一瞬の関係が生まれてしまうこともあります。素直になれなくて失うものも多くなるでしょう。でも、だからこそ、自分の気持ちに素直に、ひとつひとつの恋愛を大切にしてほしいと思います。

皆さんも是非後悔したくない恋愛を。