新たな祝日「山の日」が誕生!8月11日に決定されたその理由とは!?


スポンサーリンク

2016年8月11日、新たな祝日「山の日」が誕生します。

海の日があるなら山の日があっても別に不思議ではないですね。この日を制定するにあたって、地方自治体や自然保護団体からの要請を受けてできたものです。

この山の日ですが、登山の日とか登山者の日と考えがちですが、そうではありません。日本国民全員が山という存在をもう一度改めて考え直す、という深い意義が込められているのです。

山の日とはどんな日?

山の日とは「山に親しむ機会を得て山の恩恵に感謝する日。

私たちが住む日本の国土は7割を山で占めます。この割合を見てもわかるように、自然豊かな国であることは間違いありません。その山が、私たち人間に欠かせない水をつくり、植物・動物を育ててくれます。代々祖先から受け継ぎ、現代に至るまで、山という偉大なるものと共存してきました。その偉大なるもの、山へ感謝し未来へとしっかり引き継いでいかなければなりません。この新しく加わった山の日という祝日を期に、私たちは今一度、山について考え直す時が来たように思います。

スポンサーリンク

8月11日に制定された理由とは?

8月と言えば、登山シーズンのピークを迎えます。この月に祝日を制定するとなると、経済界などの影響も配慮して、お盆休みに近い日に祝日を作るということになった訳です。当初は、8月12日という案も出たようですが、1985年のこの日は、日本航空のジャンボ機が御巣鷹山に墜落した日でもあり、この日を祝日に当てることにはたくさんの反対意見が出たため、前日の11日に決定されました。

山の日のイベントについて

この日、初めての山の日ということで全国各地でたくさんのイベントが開かれます。

例えば、栃木県では、山の日制定記念フェスティバルと題して、日光だいや川公園などで8月11日(木)と12日(金)の2日間のイベントが開催されます。山の日ならではの自然体験教室、栃木の恵みバーベキュー、登山教室など山の恵をより一層感じられるイベントになりそうですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

来る8月11日、今年初めて承認された新しい祝日「山の日」。普段何気なく生活している私たちですが、この日をきっかけにもう一度、山について考えてみてはいかがでしょうか。一番近くの山へ行くも良し、お盆休みとも重なってますので遠出するのも良し、山歩きをして、風や木々や草々の匂いを感じ、時には虫などを見つけたりするのもいいですね。

普段当たり前にあるもの、それが自然。さあ、みなさんも山という自然に触れ、恵まれていることに感謝の心を忘れないようにしましょう!