2016年の台風第1号の発生はいつ?そのメカニズムなどの台風情報について


スポンサーリンク

間もなく台風の季節です。

恵の雨となる一方で、時に台風は甚大な被害をもたらすこともあります。そこでその台風は、いったいどうして発生するのでしょうか。

ここでは、その台風のメカニズムや台風の時期、今年2016年の傾向についてご紹介致します。

台風が発生するメカニズムとは!?

台風とは熱帯で発生する低気圧の塊です。では、なぜその低気圧の塊ができるのでしょうか。

海面が26℃以上になると、太陽の大きな影響を受けて、強い上昇気流を伴う熱帯低気圧が発生します。熱帯低気圧は、水蒸気を含む空気が上空で冷やされることにより水に変化し、雲が急速に発達して多くの熱を放出します。低気圧の塊はこれを繰り返すことで発生します。この熱帯低気圧が風速17.2m以上になったとき台風になります。

地球の自転とともに台風も回り、海上から水蒸気を巻き上げどんどん発達していきます。発達した台風はちょうど夏から秋にかけて吹き始める南から北への風に乗り日本近郊へやってくるのです。

2016年台風の傾向について

台風が発生するタイミングは8月が一番多いとされています。2016年6月6日現在、まだ今年は台風が発生していません。これは統計を取り始めてから6番目に遅い記録です。6月に台風1号が発生したのが1984年なので、そこまで遡らなければならないのです。

気象庁の発表によると台風の発生時期が遅い年は、7月から9月にまとまってくる可能性があると言われています。発生が遅くても年間の発生数に変わりはなくほぼ平年並みになると予測されていますので、まとまって上陸した際は注意が必要です。

防災グッズや避難場所の確認など、もしもの時のために備えはきちんとしておきましょう!オススメとしては、まずは防災グッズをセットで用意しておきましょう。例えば、こちらのような防災用品の専門ショップなら信頼できて安心です。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

今年の台風がいまだ1つも発生していないとは少々驚きですね。今年はいつ第1号が発生するのかとても気になるところです。今年も例年と同じようにまたはそれ以上に、台風などの自然災害に対しての防災意識を持ち、十分な備えをしておきましょう。

追記

7月3日(日)9時、グアム島南のカロリン諸島辺りで、台風1号が発生しました。台風は今後、発達しながら北西へと進み、今週後半には沖縄、先島諸島や台湾に接近する可能性がありますので、今後の動きに注意してください。なお、1951年から過去65年間の統計で、6月までに台風発生がなかったのは1998年と1973年のみで、今回の台風発生は、観測史上2番目に遅い記録となりました。

20160705-00010002-wmap-000-2-view  画像引用:http://headlines.yahoo.co.jp/

7月5日午後3時の台風1号の位置と今後の進路予想です。勢力を強めて沖縄に接近しています。ぜひ早めの対策を!