【保存版】Excel(エクセル)の使い方&覚えておきたいショートカットキー一覧表


スポンサーリンク

マイクロソフト・オフィス製品(Word、PowerPointなど)の中で、「表計算ソフト」として有名なExcel(エクセル)。その幅広い操作性から「複雑で難しすぎる」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。そこで今回はExcelについて、特に覚えておきたいショートカットキーについてご紹介します。

Microsoft Officeは無料でダウンロードできる?無料で使える「Open Office」とは?
パソコンユーザーにとって世界標準のソフトである「Microsoft Office」。 「Microsoft Office」(以下、Of...
【保存版】Word(ワード)の使い方&覚えておきたいショートカットキー一覧表
マイクロソフト・オフィス製品(Excel、PowerPointなど)の中で、「文書作成ソフト」として、手紙やはがきなどの身近な家庭用文書から...
【保存版】PowerPoint(パワーポイント)の使い方&覚えておきたいショートカットキー一覧表
PowerPoint(パワーポイント)は、マイクロソフト・オフィス製品(Excel、Wordなど)のプレゼンテーション用のソフトです。Pow...

Excel(エクセル)でできること

Excel(エクセル)は表計算ソフトとして分類されていますが、計算のみならず比較的単純な文書の作成にはじまり、表・グラフ、データ(宛名や住所等)管理、家計簿など、家庭用からビジネスシーンまで本当に色々な用途に対応できるソフトです。それ以外にも、高度な使用例としては、計算(関数)、データベース、プログラミング(VBA)までできてしまうのです。

普段Excelを使用している人でも、すべての機能を使いこなせている人はなかなかいないと思います。たくさんの機能がありますが、まずは自分に必要である基本的な入力・編集操作から覚えておき、応用的な機能についてはおいおい身につけていくようにしましょう。

作業時間短縮のためのショートカットとは?

段々と使いこんでいくうちに、どうしても縦や横に長いシートになりがちです。そこでA1セルや表の右下などといった特定の場所に移動したり、画面をスクロールするといった「表示/移動」系のショートカットキーや、書式の設定やセル内改行などといった「書式の設定」系のショートカットキーを覚えておくととても便利です。

Excelのショートカットキーとして一覧でご紹介しますが、中にはExcelに限らず他のソフトでも使用できるショートカットもありますので、色々試してみてくださいね!

スポンサーリンク

覚えておきたいExcelのショートカットキー

表示/移動

PageUp 1画面上へスクロール
PageDown 1画面下へスクロール
Alt + PageUp 1画面左へスクロール
Alt + PageDown 1画面右へスクロール
Ctrl + PageUp ワークシートのタブを左から右へ切り替え
Ctrl + PageDown ワークシートのタブを右から左へ切り替え
Ctrl + 9 選択した行を非表示
Ctrl + Shift + ( 選択範囲内にある非表示の行を表示
Ctrl + 0 選択した列を非表示
Ctrl + Shift + ) 選択範囲内にある非表示の列を表示
Ctrl + Home A1に移動
Ctrl + End 一番右下のセルに移動
Ctrl + BackSpace アクティブセルへ移動

セルの書式と追加/削除

Ctrl + 2/B 太字の設定と解除
Ctrl + 3/I 斜体の設定と解除
Ctrl + 4/U 下線の設定と解除
Ctrl + 5 取り消し線の設定と解除
Ctrl + Shift + ~ 【標準】表示形式を設定
Ctrl + Shift + % 【パーセンテージ】表示形式を設定
Ctrl + ; 現在の日付を入力
Alt + Enter セル内改行
Ctrl + Shift + ; セルの挿入
Ctrl + – ダイアログを表示して選択セルの削除

選択と解除

Ctrl + A 表全体を選択
Shift + Home 行の先頭まで選択
Ctrl + Shift + Home アクティブセルからA1まで選択
Ctrl + Shift + End アクティブセルからデータ範囲末尾まで選択
Ctrl + Space 列全体を選択
Shift + Space 行全体を選択
Shift + BackSpace 選択範囲の解除

ダイアログボックスの表示

Ctrl + F 【検索と置換】ダイアログ・【検索】タブを表示
Ctrl + H 【検索と置換】ダイアログ・【置換】タブを表示
Ctrl + K 【ハイパーリンクの挿入】ダイアログを表示
Ctrl + 1 【セルの書式設定】ダイアログを表示

まとめ

いかがだったでしょうか?

よく使うショートカットキーを活用できるようになれば、作業時間は大幅に短縮されます。全てのショートカットキーを覚える必要はありませんが、自分がよく使う機能だけでも活用してみてくださいね。Excelは本当によくできたソフトなので、慣れてくればExcelなしではもう仕事ができなくなりますよ!


コメント

  1. 小澤 源司 より:

    領収書の無料テンプレートを頂きたいのです。

    • mainichi-plus より:

      小澤源司 様

      こんにちは。
      コメントありがとうございます。

      恐れ入りますが、
      領収書の無料テンプレートは当サイトではご用意しておりません。

      GoogleやYahoo!等で検索して頂くと、
      いくつか該当のサービスが出てくるかと思いますので、そちらをご利用ください。

      どうぞよろしくお願い致します。

  2. 関 泰司 より:

    アドべが使いたい

    • mainichi-plus より:

      関泰司 様

      こんにちは。
      コメントありがとうございます。

      Adobe製品はこちらより購入・ダウンロードができますので、
      ご覧になってくださいませ。

      http://www.adobe.com/jp/

      どうぞよろしくお願い致します。

  3. 松田惠明 より:

    ・エクセルやワードの新規作成画面が探せず困っています。良い方法を教えてください。

  4. 深見照代 より:

    パソコンが自動更新されエクセルが亡くなって困っています

    • mainichi-plus より:

      深見照代 様

      こんにちは。コメントありがとうございます。
      それは大変お困りでいらっしゃいますね。

      下記、マイクロソフトのサポートページが参考になるかと思いますので、
      一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

      https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/2813718#is

      どうぞよろしくお願い致します。

  5. 二場美智子 より:

    ekuseru
    to
    wa-doga
    hosii

  6. 大津 康行 より:

    通常a1、a2をドラッグすると
    a1、a2、a3、a4、a5、a6、a7、a8、a9、a10、a11、a12・・・となりますが、
    q1、q2をドラッグすると
    q1、q2、q3、q4、q1、q2、q3、q4、q1、q2、q3、q4・・・となります。
    どうしてですか?

    • mainichi-plus より:

      大津康行 様

      こんにちは。コメントありがとうございます。

      Excelが開発されたMicrosoftのあるアメリカの企業では、四半期(1年の4分の1の3ヶ月)という単位がよく使われ(ここ最近は日本でも使われています)、その際「Q1」「Q2」「Q3」「Q4」といった表記がよくされているようです。4分の1=Quarter(クオーター)のQですね。

      そのため「q1」「q2」をドラッグしても、「q1」「q2」「q3」「q4」「q1」「q2」「q3」「q4」といった、「q1」から「q4」までの繰り返しになってしまいます。

      ですので「q5」以降、「q6」「q7」・・・と入力されたい場合は、「q5」からドラッグするようにしてください。

      ご確認のほど、どうぞよろしくお願い致します。

  7. 久々原嶺男 より:

    初めて使用してみます。

    • mainichi-plus より:

      久々原嶺男 様

      コメントありがとうございます。
      ぜひ色々とご活用されてください。

      今後ともよろしくお願いいたします。