【保存版】Google(グーグル)検索機能の便利な活用方法について


スポンサーリンク

Googleサービスの基本中の基本である「検索機能」。「ググる」という言葉が一般化するほど知名度が高く、世界中の人々に活用されています。パソコンで入力して検索するだけでも十分便利ですが、知っておくと便利な機能が満載です。そこで今回は、探している情報を効率よく見つけるためのちょっとした小技をご紹介します。

Googleマップを使いこなすための方法はこちら↓↓

【保存版】Google(グーグル)マップの便利な活用方法について
オンライン地図サービスの決定版「Googleマップ」。現在地周辺の地図をはじめ、世界中の地図を簡単に閲覧できます。さらに目的地へのルートも簡...

目的情報に辿り着くための便利な小技集

キーワードを追加して検索結果を絞り込む

Googleのトップページの検索ボックスにキーワードを入力すると、そのキーワードに関連するページの一覧が表示されます。しかし、検索結果が多すぎて欲しい情報がどれが分からない時は、1つ目のキーワードの後にもう1つキーワードを追加して検索してみてください。それによって、両方のキーワードに合致するページが絞り込まれるので目的の情報が得やすくなります。それでも検索結果が多すぎる場合は、さらにキーワードを追加して検索してみましょう。

OR検索で絞り込む対象を広げる

複数のキーワードのうち、どれが1つでも含んでいるページを検索したい時は「OR検索」を活用しましょう。1つ目のキーワードのあとにスペースを入れて「OR」と入力し、さらにスペースを入れて2つ目のキーワードを入力。すると2つのキーワードの内、どちらかを含むページが検索されます。この際、「OR」は必ず半角大文字にしてくださいね。

ファイル形式を指定して検索する

統計資料やテンプレートをエクセルやパワーポイントのデータを検索したい時は、ファイルの種類を限定して検索することができます。キーワードの後にスペースを入れ「filetype:」と入力し、その後にファイルの拡張子、エクセルなら「xls」、PDFデータなら「pdf」、ワードなら「doc」、パワーポイントなら「ppt」を入力します。これで指定したファイルを検索できます。

検索結果に表示するページ数を増やす

Google検索の初期設定では、1ページに10件しか検索結果が表示されません。目的のページになかなか辿りつけない時には、ページを何ページを開くことになるので時間がかかってしまいます。そんな時は1ページ辺りの表示数を増やすことができます。トップ画面右下の「設定」→「検索設定」をクリックし、「インスタント検索の結果は表示しない」を選択し、表示件数のスライドをドラッグして最大100件まで表示させることが可能です。

スポンサーリンク

手持ちの画像と似ている画像を検索する

画像検索はキーワードによる検索だけでなく、手持ちの画像と似ている画像を探すときにも活用できます。まず画面右上の「画像」をクリックし、手持ちの画像を検索ボックスの下にドラッグ、もしくはカメラアイコンをクリックして「画像のアップロード」の「ファイルから選択」します。画像のアップロードが完了すると、似ている画像の一覧が表示されます。

「とは」をつけて言葉の意味を調べる

言葉の意味を知りたいときは、その言葉のあとに「とは」をつけて検索しましょう。すると検索結果の最上位にその言葉の意味が表示されます。「とは検索」を活用すれば、他のサイトを訪れたりする手間を掛けずにダイレクトに意味を調べることができます。

天気情報をすばやく調べる

地名に加えて「天気」と入力して検索すると、その地域の天気が検索結果の最上位に表示されます。天気や気温、降水確率、湿度、風速など、天気に関する情報を一通り確認できます。さらには、気温の移り変わりや週間天気予報も表示されます。

地震の震源地・震度を調べる

地震が発生した時に「地震」で検索すると、直近で発生した地震の情報が検索結果の最上位に表示されます。発生時刻や最大震度、津波の可能性も調べられます。さらに「詳細」をクリックすると、市町村別の震度や震度の分布、震源の位置など詳細も確認でき、さらに地名と「地震」で検索すると、その地域の情報を取得できます。

検索ボックスを電卓として活用する

計算式を検索ボックスに入力すると、検索結果に計算結果と電卓が表示されます。電卓は計算式を入力して表示する方法でもいいし、「電卓」で検索して表示する方法もあります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回ご紹介させて頂いたのは、Google検索のほんの一部の機能に過ぎません。他に株価やニュス、動画や英単語を調べたり、飛行機の飛行情報や宅配便の運搬状況も検索することができ、様々なテクニックが存在します。これできるかな?と思ったことはまずは検索ボックスに入力してみましょう。ぜひあなたにとってのベストな活用方法が発見し活用してみてくださいね。


コメント

  1. 小池廣康 より:

    もう1台のパソコンのパスワードを忘れてこまつています